内野ゴロはアウトにできる位置で、捕球する!

ゴロの打球は待たづに、捕りに行く意識でダッシュする。野球を始めたばかりあれば、胸の前が
一番捕りやすいと思いますが!ゴロの打球はバウンドの繰り返しなので、その繰り返しの
どこで捕るかが大事になってきます。
               
ゴロはバウンドの繰り返しなのでどこのバウンドで捕るかが大事です 
胸の前が一番捕りやすいと思っていた、初心者でも慣れてくるとショートバウンドの位置で
捕った方がボールの流れに惑わされず捕りやすいと思いますが、野球はアウトにしなければ  
4秒~5秒かかります。そのために内野手はゴロを捕ってからファーストに、打者走者より早く
ボールをファーストミットに入れなければ、アウトをとれません。

 

 捕るだけであれば、ショートバウンドの位置が一番捕りやすいのですが、打球のスピードが
少し遅いゴロであれば、内野手は猛ダッシュでゴロを捕りに行かなければ、アウトとを
捕れずに、
内野安打になってしまいます。

 

内野ゴロは『アウトにできる位置でボールを捕る』ことが基本になります。打球のスピード
など瞬時に判断し、どの位置でゴロを捕ればアウトに出来るか!また基本である捕る動きを
練習で、感覚的につかんで、自分のモノにしましょう!