日本に野球が生まれた日はいつなの!

野球の誕生日は

日本でも人気の野球ですが野球と言うスポーツがアメリカに誕生したのは諸説ありいろんな話が
入り混じりどの説が正しいのか解らなくなっています。
確かなことは19世紀初めアメリカで
ルールや
競技方法が統一され野球と言うスポーツの原形が確立されたことです。

日本で初めて野球が始まったのは東京大学からである!1846年6月19日アメリカ・ニュージャージー州ホーボーケンで史上初の野球の試合が
開催されたとの記録が残っています。アメリカでは、この6月19日を「ベースボールの日・
記念日」と称しています。

日本で野球が始まったのは1871年東京大学からである

野球が日本に上陸したのは「べースボール記念日」から25年ほど後の1871年(明治4年)に
アメリカ人であるホーレス・ウイルソン氏が東京開成学校予科(現・東京大学)で教えたのが
日本での始まりです。


言うなれば、日本での野球の生まれた日「1871年」が誕生日と
言うことになります、
この野球が初めは「打球鬼ごっこ」と言う呼称で
アッと言う間に全国に拡がり、大学野球の
創世紀となり今の大学野球の
原形となったのです。


東京開成学校予科(現・東京大学)で野球が始まってから7年後の1878年に日本で初めて
「新橋アスレチック倶楽部」と言う野球チームが誕生しました。


急激な野球人気に賛否両論が起き、東京朝日新聞は否定的な野球論を記事に、かたや読売新聞は
肯定的な野球論を展開した、この賛否両論も大学野球の盛り上がりの勢いに押され、
沈静化していきました。

 

日本に初めて本格的な野球場ができたのは甲子園球場である!

大学野球の人気に感化され旧制中学(現在の高校)に広がり1915年(大正4年)に
第1回全国中等学校優勝野球大会が大阪の豊中球場で開催され、第3回大会から
兵庫の
鳴尾球場で開催されるようになりました。

日本に初めて本格的な野球場ができたのは甲子園球場である!

1924年(大正13年)からは、全国中等学校優勝野球大会の開催を主目的として建設された
甲子園球場で開催されるようになりました。
今では、全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)
および選抜高等学校野球大会(
春の甲子園)という2大高校野球全国大会が
優先的に開催されます.


この大会に出場するのが全国の高校野球、球児の夢であり憧れの球場であります。
今では東京の
明治神宮野球場と並び甲子園球場は「野球の聖地」と称されて今っす
高校野球の代名詞なって
いる甲子園球場で、毎年熱い戦いが繰り広げられています。
甲子園は日本で最初に本格的な
野球場として誕生した球場でもあります。