メジャーリーグとプロ野球のボールの違い!

メジャーリーグのストレートはフォーシーム!?

日本のプロ野球などで、良いストレートはノビのある糸を引くようなストレートのことを
言いますが!メジャーでは左右に微妙にブレるツーシームの方がピッチャーに好まれています。

メジャーリーグ使用のボール

なぜか!?答えは、単純明快、打たれにくいから!


バッターからみれば、スピンのかかったフォーシーム(ストレート)はパワーのある
メジャーリーガーには慣れてしまえば、簡単に対応できる。

メジャーリーガーのピッチャーイラストしかしツーシームは、ピッチャーによって変化が微妙に違う、しかも一球ごとにブレ方が
違うため、練習しても同じようにブレる球はなく、毎回ブレ巾が微妙に変わる球を
とらえるのは、通常のスピードボールよりはるかに難しい。


また、メジャーリーグで使用されているボールは縫い目が高く空気抵抗を
受けやすく、
少しでもボールの回転が止まれば、曲がったり、落ちたりと
微妙な変化が起きます、
つまりバッターにとっては非常に厄介な球種なのです。

日本のプロ野球のストレート

日本で「ストレート」と呼ばれている球種は「フォーシーム」です。フォーシームは正確な
フォーム、正しい握り方で
投げるとスピードが出やすく浮き上がるような軌道になり、
コントロールもつけやすい球種です。

 

プロ野球の日本ハムの大谷翔平選手を初め速球派と言われるピッチャーはこのフォーシームを
中心に試合のピッチングを組み立てています。メジャーリーグとプロ野球のボールの違いが
変化の違い!

ボールの違いが変化の違い?

メジャーリーグのボールと日本のプロ野球の使用しているボールの違いがツーシームの
微妙な変化の違いを生み出しています。


メジャーリーグが使用しているボールは。日本のプロ野球の使用している
統一球より
少し大きく、少し重く、縫い目が少し高くつくられているためツーシームやカットボール、
など打者の手元で変化する球種は変化が
日本のボールより大きいそうです。


2017年の3月のWBC の大会で準決勝アメリカに負けましたが
日本の強打者の筒香選手や
中田選手達がメジャーリーグのピッチャーの
動くツーシムに手も足も、出ませんでした。

 

プロ野球のピッチャーもツーシームを投げる人はたくさんいますが、話を聞いてみると変化の
大きさがまったく違うため練習にならない事が分かりました、国内でいくら打っても
練習になりません。


メジャーのツーシームはメジャーでなくては経験ができないと
言うことになります!
次回の大会までに対策が必要になりますが、
プロですから当然、解決策は
出来ていると思います。
期待しましょう!