毎日の素振りはバッティングの基本練習!


昔から素振りは、高め、低め、内角、外角、を意識しながら素振りをしなさいと
教えられていると思いますが素振りは自分のフォームを身体に覚えさすのが目的です。


同時に身体の使い方を意識をしながらすることです。重心の移動、トップの確認、
ピッチャーとのタイミングの
合わせ方などなど身体に教え込むことが沢山あります。


この様な意識で毎日素振りをしていると思いますが、さらにストライクゾーンの9分割を
意識して、それぞれの
コースに対応した素振りをすれば、より効果的です。


内角、外角の対応は肘の曲げ具合や身体の開きなどで対応出来ますし、高低はヒザの
曲げかたや、腕の出し方で対応し、苦手なコースを克服しましょう。

実践経験ある人は対戦した当っ投手をイメージして素振り

実際に試合経験のある人は対戦したピッチャーの攻め方をイメージしてなぜ打て無かったのか!
なぜ打てたのかなど、頭で再現しながら、
間違えたスイングを修正、良かったスイングは
何度も繰り返し素振りをする。


投手のなげるボールを想定、イメージして素振りをする。
対戦した投手のスコアブックを見てストライクゾーン9分割の1~9までの
マス目にあてはめ、各マス事にイメージしてスイングをチエックする。


打てなかったコース、苦手なコースを繰り返し素振りをすることで
身体にスイングを覚えさせる
ことが大事です。実戦経験の無い人も、
素振りは正しい知識を基に出来るだけ
毎日続けるようにしましょう。


・ストライクゾーン9分割の各コースは頭に叩き込んでおきましょう!