バッティング用手袋!

バッティング手袋はバットがすべらないようにするのが主目的ですが、また怪我の防止、
防寒のために
バッティングの時に使用されます。手袋の材質は、本皮と合成皮革があります。
本皮はシットリとしていてハメ心地は抜群ですが、価格は合成皮革より少し高めです。

バッティング手袋、今は子供でもけが防止のためしています。

さらに、本皮は耐久性には劣り、雨や汗など水に弱いのが欠点です。合成皮革の手袋は耐久性に
優れています、汚れても簡単に洗濯が出来るので安心です。

プロの選手は、ほとんど選手が本皮製です。右バッターの場合は左手に、左バッターの場合は
右手に手袋をします。今はプロもアマも両手にはめるのが主流です。

手袋はは両手にはめるのが主流です、購入時は試着して感覚を大事にしましょう!

プロ野球の選手や大学野球高校野球など見ていると両手にハメている人がほとんどです。
手にデットボールが当たる率が多くなっているのが要因です。


最近では、デザインも多彩でいろんなデザインのものが販売されています。高校野球の場合は
ルールで規制されていて、白か黒の単色に限定メーカーのロゴも表面に一か所のみと決められて
いますので購入時には注意しましょう。


購入するときは、実際に手に試着してみて、バットを握ってみましょう。自分の手に、フィット
しているか、違和感はないかキツクないか、などなど、バットを握って確認しましょう。