内野守備 リズムを取りながら打球に合わせて、シャッフル!

このシャッフルの動きは、内野ゴロの捕球時に右足を踏み込んで左足を開き捕球する動作
と似ていますが、シャッフルの場合は左足を開く必要はありません、ちょっと前に出す動きですので、歩幅などは自分に合った足の出し方で自由に作ってください。

内野手・外野手の守備の姿勢スタートのチャイミングの取り方

シャッフルはスタートをいかに早くできるかのリズムです「イチ・二・サン」のリズムで、
バッターのインパクトに合わせてスタートを切るための動作です。
どんな打球でも、
迅速に動ける自分に合ったシャッフルからスタートする技術です。

外野手も基本的には同じ、足を使って体勢をつくる!

外野手は内野手に比べて打球がくる頻度は少ないですが、考え方は同じです。外野手の場合は、
内野手のように低い姿勢で待つ必要はないので、ある程度カラダを起こした姿勢で良い。


鋭く、迅速にスタートできるように、『足のつま先で投球モーションに合わせて上げ
バッターのインパクトで下げる』
など、自分に合った方法を見つけてください。


どんなタイミングの取り方でもよいので、自分が一番スタートを切りやすい、小さな動作でも

構わないので、素早く一歩目が出せるシャッフルを決めましょう。打球がくる頻度が
少なくても、ピッチャーのモーション、バッターのインパクトには毎球合わせる。

外野手も両足を揃えて、構えないことが大事です!

外野手の場合は打球が飛んでくることは少ないが、来たときはエラーや後逸したりすると
大変です、特にランナーがいた場合は、失点してしまうこともあり、責任重大です。
内野手と同様に、構える時には両足は揃えないで、どちらかの足に重心を掛けて構える。

構える時に右足に重心を乗せて構えていた場合、スタートする時に右足から左足に
重心移動する中でバッターのインパクトに合わせれば、次ぎの右足が最初の一歩目になり
時間のロスがなく素早く、鋭くスタートが切れることになります。