二次リードが盗塁の成功率を上げる

 

リードには、一次リードと二次リードがあり、一次リードは
ピッチャーがボールを投げるまでにするリードです。
自分の歩幅の5歩分が平均的な一次リードの幅です。

 

あくまでも平均値ですので練習の時に自分の安全なリード幅を確認して
おきましょう、当然けん制球の時にする帰塁のヘッドスライディングも
練習して時間を把握しておきましょう。


image



帰塁のうまい選手であれば、あと半歩分はリードしても良いと思いますが。
相手のピッチャーの牽制の優劣もありますので、一次リードでは自分が戻れる
距離を把握し、ギリギリのラインまでリードしましょう。
 

二次リードはピッチャーが投げたボールがキャッチャーミットに入るまでに、
一次リードからもう一歩勢いよくダッシュするリードのことです。
このリードで、ピッチャー、キャッチャーに揺さぶりをかける。

 

ちょっとでも、キャッチャーやピッチャーのミスがあれば、進塁する
可能性が生まれます。ただバッターが打たなかった場合は素早く
帰塁しなければなりません。